So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Ymobile(ワイモバイル)iPhoneSEは評判最高で価格もコスパも神がかり的!さらに料金安くする方法を伝授!! [iPhoneSE(アイフォーンセスイー)]

Ymobile(ワイモバイル)からなんと評判最高のiPhone SEが神がかり的なこの価格!!

iPhoneSE.png

arrow32-001.gifY!mobileのiPhoneSEの一番おトクな詳細はコチラ

iPhone8が発売されるといわれている中で、熱狂的なファンがもっとも多いといわれているiPhoneSEがワイモバイルでこのお値段です!

スペックなどの小難しい話は後にしてどれだけiPhoneSEが素晴らしく、どれだけワイモバイルでお得に持てるのかを見ていきましょう!それにしてもSEは根強すぎる人気!!

それが月々1,000円からの端末代で良いなんて信じられない!!

スクリーンショット 2016-01-09 10.17.37.png



Ymobile(ワイモバイル)ではたくさんの端末を輩出していて、先代ではiPhone5sという超人気端末も腰を据えています。

iPhone5sはサイズ感の大きいiPhoneやAndroidを嫌うユーザーからはその胸ポケットにおさまるフィット感で、”愛され端末”といわれてきました。

かわいいかわいいしたくなるのがiPhone5Sだったんですね。もちろんYmobileでもその他キャリアでも絶大な人気が出ました。

ただそれには理由があります。
iPhoneSEがワイモバイルから出ていなかったから!

もし5sとSEが同時に出ていたら圧倒的にSEの独壇場だったでしょう。というのも、それにも理由があります。

今回Ymobile(ワイモバイル)から販売されているiPhoneSEはiPhone5sと見分けがつかないぐらい、ほぼ見た目は同じ!!

なのに中身は高性能スペック!!

にゃに.png

つまりiPhoneSEを一言でいうとまさに、
”見た目は子供!頭脳は大人!!端末”となっているのです!!

なんといっても評価の高さのひとつは、やはりそのコンパクトさです。

現在5インチ程度のディスプレイは主流となっているスマホ機種の中で、SEは4インチというiPhoneが手の小さな女性でも片手にすっぽりおさまるサイズです。

5.2インチサイズのスマホと持ち比べてみてもこれぐらいのサイズ差があります。

DSC_0315.JPG

一回り以上小さくてとっても持ちやすいんですよねー!!


これ何がいいのかというと、LINEやメールでもアプリもゲームもワンハンドで行えるということです。

サイズの大きいiPhone6や7やAndroidではそうはいきません。

最上段のアプリには親指が届きませんし、文字打ちも不安定感が満載の中でしなくてはいけません。

この忙しい現代の中で両手を使うのか片手で使って、もう片手がフリーになるのかでは今後の人生に大きな違いが生まれます!

スクリーンショット 2017-03-22 14.30.47.png

ちょっと大げさですが毎日触れるスマホだからこそサイズ感の大切さを知っておいてほしかったのです。

ふてニャンよろ.png

あと何気ないけどうれしいポイントは、超人気だったiPhone5sとサイズは同じなので、カバーの種類も豊富です!!iPhone5sと同じものが使えます。

対応しているカバーの選択肢が多いかどうかってスマホ機種選ぶ際の影に隠れた基準ですよね。


その他の見た目やサイズ感のことをいうとiPhone5sとの違いは、裏にSEって入っていることと重さが1gだけ増えて113gになったという点ぐらいです。

ちなみにiPhoneSEのSEってSpecialEdition(スペシャルエディション)の略で、「特別版」って意味みたいですよ!

iPhoneSE=iPhoneの特別版!素敵ですねー!!

おっとそんな話は置いておいて、しっかり知っておきたいのはバッテリーカメラのことです。

バッテリーって使ってみてはじめて「重視すればよかった」って思うのですが、iPhoneSEではその心配はありません。

5sと比べると実際に利用した連続通話時間で+4時間、連続通信で+3時間のレベルアップを果たしています。

イメージ的には、朝から夜寝るまでつかっても半分(50%)以上は余裕でバッテリーが残っている状態です。

動画をずっと観たり一日中触っている場合は別ですが、結構ヘビーに使っても1日平気で持つので安心です。

カメラに関してはメインカメラは5sのワンランク上の6sと同じ1200万画素、インカメラは120万画素とめっちゃ綺麗とは言い難いですけど不満はないレベルです。

iPhonesecamera.png

SEのカメラの特徴としてはセルフィーで撮るときに、液晶画面をフラッシュとして使える「Retine Flash」というサポート機能が使えるのでとっても自然な色合いで撮ることができるんですね。

いまカメラで撮った写真ってInstagramやFacebookであげる時になんかは、加工したアプリ使って修正するのでこういった機能はうれしいポイントです。


またスマホの頭脳を決めるCPUはSEでは「iPhone6s/6sPlus」と同じ「A9プロセッサ」が搭載されているので、めちゃくちゃ快適にサクサクした動きを実現しています!

スマホを選ぶ際には絶対にこのCPUは無視してはいけませんよ!
頭が良いから何をやらせても何でもできてしまうそんなDNAをもった端末というイメージです。


つまりiPhoneSEの特徴をまとめると

片手でも操作できる小さいボディ
画素数が高く性能の良いカメラ
長持ちのバッテリー
高速なCPU

だから、”見た目は子供頭脳は大人端末”ということなのですーー!!!

iPhoneco.png
カラーも4色

念のためiPhoneSEのスペックを載せておきますが、再確認しなくともやっぱりiPhoneの超人気端末とだけあって選んで絶対に間違いのない端末となっています。

iPhone SEスペック
・A9プロセッサ
・M9コプロセッサ
・Hey Siriが通常で利用可能
・iSightカメラ1,200万画素
・True tone Flash搭載
・4K動画撮影対応
・Live Photos機能をサポート
・Touch ID搭載
・Apple Pay対応

容量は32GBモデル128GBモデルの販売
※SDカードは未対応なので、容量モデルを選ぶ際には注意してくださいね!


私はMacもiPadもまたiPhone5sも使ってきましたけど、やっぱりAppleは最高なんです。

ただ、ワイモバイルには少しだけの不満がありました。それは…


iPhone5sから次のiPhoneが出るまでの時間が長すぎた!

じらせすぎ!!

解約.png

arrow32-001.gifY!mobileのiPhoneSEの一番おトクな詳細はコチラ

そりゃiPhone5sが愛され端末で人気でとってもよく売れるのはわかっているのですが、

ドコモやauやソフトバンクで最新のiPhone買おうと思って高いじゃないですか!

1万円も超える料金を毎月払えるわけないじゃないですか!

SIMフリーで購入して格安SIMで利用するっていう手もあるんでしょうが、通信面でも不安ですし店舗がなかったり少なかったりするのがすっごいネックなんですよね!



私は次のiPhoneが出るまで焦らされたこと以外はYmobileを絶賛しています。

そして今回の【Ymobile、iPhoneSEを遂に販売!】には飛び上がって喜びました!

MIYAKO85_hasyagumusyoku20140726_TP_V.jpg

それほど待望されていたiPhoneSEとワイモバイルがやっと手を組んだのです。

というのもワイモバイルでの特徴は、端末+プランがめっちゃわかりやすくしかもめっちゃ安くなっています。

スマホを契約するときって一番気になるのは、端末の良し悪しはもちろんですが、プラン料金つまり月々のお支払いですよね。

iPhoneSEを使うとなると高額になってしまうと思われるかもしれませんが、実はワイモバイルではIPhoneSEでもとっても安く使えるんですよね!

arrow32-001.gifY!mobileのiPhoneSEの一番おトクな詳細はコチラ

プランはシンプルに3つ!

スマホプランS
plans.png

スマホプランM
planm.png

スマホプランL
planl.png

Ymobileでは3つのスマホプランが用意されていて、パケットごとにS、M、Lとあります。

最初の1年間はワンキュッパ割が適用されて最安で月額1,980円となります。

ワイモバイルの賞賛すべきところは、すべてのプランに「通話定額」込みになっているところです。

10分以内であれば月何回でも無制限で通話が無料で行うことが可能です。

img_01.png
※図では月間300回となっていますが、2017年2月より通話回数無制限になっています!!太っ腹!!

つまり10分以内の通話ならプラン料金に通話料が加算される心配が一切なし!

キャリア(au/ドコモ/ソフトバンク)なら通話定額の基本料が高いし、格安SIMならオプションをつけたりとにかく通話料はややこしい!!

つまり電話のことを心配しないでいいのが、ワイモバイルということになるのです。


ではワイモバイルでiPhoneSEが契約した際に実際どれぐらいの料金になるのかを確認する上で適用になるキャンペーンも確認していきましょう!

YmobileiPhoneSEが適用になるキャンペーン

ワンキュッパ割

pricedown_pc_bnr_960_300.jpg

これが世間を賑わせている通話もネットもコミコミで最安1,980円(ワンキュッパ)となるキャンペーンです。
加入の翌月から12ヶ月間プラン料金が毎月1,000円割引となります。


Ymobileデータ容量2倍キャンペーン

title-7.png

またいまなら新規での契約やMNP(他社からののりかえ)であれば、パケット2倍になっているのでデータ容量がどーんと2倍もらえることになっています。

プランS:1GB⇒2GB
プランM:3GB⇒6GB
プランL:7GB⇒14GB
これ逆に当てはまらないのはワイモバイルをすでに契約していてSEに機種変更する場合ですのでお気をつけください。


月額割引

そして意外とチェック漏れしてしまうのが、端末や選択するプランによって割引料金がとってもお得になる月額割引。
翌月から24ヶ月間の端末の分割代金の支払いが終わるまで続きます。


ヤング割

title-5.jpg

利用者が18歳以下であれば誰でも2年間1,000円割引になり、最安1,980円(2年間)で使えるというものです。

厳密には先ほどのワンキュッパ割りが切れた時点からスタートなるのでとってもお得なんですよね。

利用者は0歳から18歳以下であればOK、契約者は保護者の方でもいいのですっごく幅の広いです!!

arrow32-001.gifY!mobileのキャンペーン適用時にいくらになるかチェックはこちら!

それでは気になるワイモバイルでiPhone SEを購入した際の端末料金でございます!


32GBモデル:一括60,500円
128GBモデル:一括72,500円

分割ですと、
32GBモデル:頭金500円、分割支払い2,500円/月
128GBモデル:頭金500円、分割支払い3,000円/月

となっています。た・だ・し!!

実際には月額割引というとってもお得な割引が適用になるので更に安く使えるんんですよねー!

iPhone SE機種代金


新規の場合  
モデル32GB128GB
分割払い(24回)2,500円3,000円
月額割引-1,500円-1,000円
実質負担1,0002,000




のりかえの場合  
モデル32GB128GB
分割払い(24回)2,500円3,000円
月額割引-1,500円-1,500円
実質負担1,0001,500



機種変更の場合  
モデル32GB128GB
分割払い(24回)2,500円3,000円
月額割引-1,000円-1,000円
実質負担1,5002,000


ここまで読んでいただければ、私がYmobile(ワイモバイル)のiPhoneSEを絶賛する理由がわかっていただけと思いますが、少しでも安くiPhoneSEを利用したいというのであれば、ワイモバイルでの契約しておけば間違いありません!!


実際にかかる毎月の料金は、上記のキャンペーンが適用かどうかによって異なりますが最安2,980円(2年間)で使えるというわけです。

実際の月々お支払い(端末代金+プラン料金)


新規の場合  
 32GB128GB
スマホプランS2,980円3,980円
スマホプランM3,980円4,980円
スマホプランL5,980円6,980円



のりかえの場合  
 32GB128GB
スマホプランS2,980円3,480円
スマホプランM3,980円4,480円
スマホプランL5,980円6,480円




機種変更の場合  
 32GB128GB
スマホプランS3,480円3,980円
スマホプランM4,480円4,980円
スマホプランL6,480円6,980円




安すぎるーー!!!

超人気のiPhoneたったのこれだけの料金でも持てるなんて安すぎるー!!まさに神価格!!!

ちなみキャンペーン適用時の正確な料金を知りたい場合や、ここでは税抜価格ですので税込価格を知りたい場合は、店舗に行かずともオンラインストアで確認することができます。

もうiPhoneSEで買いだって決めている場合には、オンラインストアでそのまま購入することも可能です!

おそらく今の時期は店舗では人がごった返して、長時間の待ち時間が連日のように予想されますし、自宅にいながら購入ができるオンラインストアはとってもありがたいですよね!

オンラインストアで購入すると先ほど紹介した月額割引がもっともお得になりますし、最短翌日に届くのうれしい限りです!

arrow32-001.gifY!mobileのiPhoneSEが一番おトクなオンラインストアはコチラ


ぐー.png

最後に補足ポイントとして、AppleCare+ for iPhone(月額576円)に加入すると、修理保証とテクニカルサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されるということも知っておいてください。

これに加入すると過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で最大2回まで受けることができます。

これって大事なiPhoneを守っていく上でとっても耳寄りな情報ですよね!

ただしこれは絶対に加入しなければいけないわけでもないですし、iPhone の購入から30日以内であれば直営店のApple Storeで加入することが可能です!

使ってみてからの決断でいいというわけです!

さあ、2年使ってもほぼ完璧だったという評価もあるiPhone SEをどうぞ神価格でお使いください!!


arrow32-001.gif一番おトクなY!mobile公式オンラインストアはコチラ


ba_ymobile02.png

共通テーマ:携帯コンテンツ

Ymobile(ワイモバイル)って充電器は付属で付いてるの?端末購入時には注意! [端末の充電器について]

Ymobile(ワイモバイル)でiPhoneやAndroid端末のスマートフォンを購入するときに気をつけておきたいのが、充電器は付属でついてくるのかどうかということです!

smartphone_juuden-1.png

店舗に行けば店員さんに聞けばすぐわかるのですが、今ではワイモバイルではオンラインストアで契約するのが便利なのですが、そこの部分がわかりにくくなっています。


実はここはしっかりと確認しておかないと、充電器が付いていないじゃないか!ということになってしまうのです。

Ymobile(ワイモバイル)のスマートフォンは充電器が付いている場合と付いていない場合がある!

にゃに.png

Ymobile(ワイモバイル)のスマホを選ぶ際に気をつけておきたいには、機種によって充電器が付いてこないケースがあるということです。

せっかく使い勝手のよさそうなスマホを選んだのに充電器がないとなると不便ですよね?

オンラインストアでワイモバイルを申し込んで機種が届いたら、ある程度充電がされているのですぐに全く使えないということはありませんが、初めから充電器があった方が良いに決まっていますよね?

それではYmobile(ワイモバイル)でスマートフォンを契約する際に充電器の有無を確認する方法を紹介していきたいと思います。

と、その前に充電器というものの正式名称をしっかりと確認しておきましょう!

その上で有無を確認した方がわかりやすくなると思います。

充電器とはACアダプタのこと、ケーブルがあるかないかもチェック!

もうスマホの用語は大体わかっているわっていう場合であれば良いですが、私のように機械にそこまで強くないのであれば充電器といわれたら、コンセントに繋ぐ部分とスマホに線の繋ぐ部分をイメージすると思います。

実はこれにはそれぞれに名前があってコンセントにつなぐ部分をACアダプタ、スマホにつなぐ線になっている部分をUSBケーブルといいます。

juuden-400x216.png

この形式の充電器が一般的になっているのですがこれを「スイッチング形式」といいます。

USBケーブルがあればパソコンでの充電が可能ですが、コンセントでの充電を行うにはACアダプタが必須となっています。

多くの場合はスマートフォンはコンセントに挿して充電をすると思うのでACアダプタがあった方が便利ですよね。

それでは肝心のワイモバイルの充電器の有り無しを確認する方法を確認していきましょう。

ワイモバイルの充電器の有り無しを確認する方法はとっても簡単です。

arrow32-001.gifオンラインストアに行き、気になっているスマホ端末のスペックを選択します。

その後一番下記にある「その他」の「付属品」に

充電器1.png

●ACアダプタ
●USBケーブル
が記載されていたら充電器は付属してくるということです!

ぐー.png

また反対に「付属品」の欄に「ー」となっていてACアダプタやUSBケーブルの記載がなければ充電器は付属してこないということになります。

充電器2.png

またiPhone5sやiPhoneSEなどのiPhoneシリーズであればしっかりと充電器が付属してくるので安心してくださいね。

もし万が一充電器が付属してこない端末を欲しい場合にはどうすれば良いのか!?

Androidの場合、今までもその他のAndroidで形の同じ充電器であれば利用が可能となっています。

またワイモバイルオンラインストアの中に「付属品・アクセサリ」という部門があるので、そこから対象機種の充電器も一緒に購入することも可能となっています。



また家電量販店でもこういった充電器も手に入れることができるので、ワイモバイルの機種に充電器が付属で付いてこないということになっても慌てないで手に入れてみてくださいね!


arrow32-001.gif一番おトクなY!mobile公式オンラインストアはコチラ


ba_ymobile02.png

共通テーマ:携帯コンテンツ

ワイモバイルとUQモバイルの家族割を比較したら圧倒的にYmobileの方がお得なワケ! [UQmobile比較]

最近CMなどで世間を賑わせているYmobile(ワイモバイル)とUQmobile(UQモバイル)ですが、以前から私は料金が似通っていてややこしいのなんと心の中でいちゃもんをつけていました!


月額1,980円になる制度のことをワイモバイルはワンキュッパ割といったり、UQモバイルはイチキュッパ割といったり、ヤング割や学割なんかではほぼ料金体系が同じなので、ややこしいのなんの!!

今回は家族割までも寄せてきたかとびっくりしている次第でございます!

解約.png



家族割引というは、主回線がその会社で契約している際に、その主回線を除く2回線目以降の月額料金が割引となるサービスです。

ワイモバイルとUQモバイルの両社の家族割の詳細をサクッと確認いたしますと、次のようになります。


ワイモバイルの家族割引サービス
2回線目以降はプラン料金が500円割引


UQモバイルの家族割サービス
2回線目以降は基本料から500円割引

つまりそれぞれの通常プランと家族割引で割引された料金をまとめると次のようになります。

通常のプラン


ワイモバイルUQモバイル
プランS(最大2GB)1,980円1,980円
プランM(最大6GB)2,980円2,980円
プランL(最大14GB)4,980円4,980円




家族割引後の料金


ワイモバイルUQモバイル割引額
プランS(最大2GB)1,480円1,480円500円
プランM(最大6GB)2,480円2,480円500円
プランL(最大14GB)4,480円4,480円500円


全く一緒じゃんかい!!!

にゃに.png

また、割引適用になるのも2回線目以降最大9回線までということで同じなのです。

どんだけ仲がいいんじゃいっていう感じなのですが、ここで決定的な違いをお伝えしておきます。

それは通話に関してです。

UQモバイルでは、この料金プランでおしゃべりプランとぴったりプランというものを選択できます。

ぴったりプランというのは、月に〇〇分という無料通話になっててどうひねってもおすすめできないので今回の話からは除外しておきます。

おしゃべりプランに限っていうと、国内通話が何度でも5分間かけ放題のプランとなっています。

この5分かけ放題とは1回あたりの通話5分以内であれば、その月にプラン料金に通話料が加算されないいわゆる通話コミコミプランとなっています。

kazokuhikaku.png

いいじゃないか!5分かけ放題でこの料金で使えるUQモバイルは良い!!



ちょっと待ってください。


ここがUQ家族割と、ワイモバイルの家族割引サービスとのまず違いの大きなポイントとなっているんです。

なんとワイモバイルではかけ放題の時間が10分でございますー!!

ワイモバイル通話.png

もちろんUQモバイルと同じく月に何度かけても、UQモバイルの倍の10分以内であればプラン料金にコミコミです!

ポイント1:
料金は同じなのに、1回あたり5分間ワイモバイルの方が長く電話できる

この5分間の差というっていうのは非常に大きいものになっています。

だってサッカーでいえばアディショナルタイム(ロスタイム)が5分間って相当長いですし、5分間の待ち時間って待たされている方はとっても長く感じますよね?

電話も同じで、こちらから電話したのに思ったり相手が長く話し続けたり、お店の予約で「少々お待ちください」なんていわれたらあっという間に5分間なんて過ぎてしまいます。

同じ料金であればかけ放題に時間が長い方がいいに決まっています!!

ぐー.png

また次にお伝えしたおきたいのは、ワイモバイルは家族でスマホを利用すればさらなる特典を手に入れられるということです。

なんとYmobileでは家族割引を適用した上に5,000円の還元があるんですよねー!!

これはワイモバイルが現在行っている”家族のスマホまとめてキャンペーン”というもので、2回線目以降、1台につき5,000円の還元がされることになっています。

title (2).png

ここでうれしいのは通常割引される”家族割引サービス”と併用可能となっているところです。


この類の特典はUQモバイルにはありません!

ポイント2:
ワイモバイルには家族割引サービスと加えて1台あたり、5,000円の還元特典がある!!

ただしここでの注意点は、ワイモバイルには本社が運営している直営店と、FCで運営しているワイモバイル取扱店などがあるのですが、取扱店ではこのキャンペーンを行っていない場合があります。

確実にこの特典を受け取れるのはオンラインストアとなっています。

オンラインストアで家族割引を申し込んだ際には、2回線目以降は自動的に割引がされますし、この5,000円特典は初回の利用料金から差し引きされることになっています。


利用料金が5,000円までに達しない場合にも翌月以降に持ち越してきっちり5,000円差し引いてくれるので安心です。

キャッシュバックなんかだと、ややこしい手続きがあってお金が振り込まれるのが1年後なんてこともよくあるのですが、この場合はすぐに特典を還元してくれるように反映してくれる仕組みになっています。


さぁこのたったふたつのポイントだけなのですが、中身は数ではない大きなポイントなっているのはわかっていただけると思います。

結論:家族割サービスを使うならUQモバイルよりワイモバイル!!

家族でスマホをまとめて使おうと思っていた場合にはワイモバイルが間違いなくおすすめですよ!!

arrow32-001.gif一番おトクなY!mobile公式オンラインストアはコチラ


ba_ymobile02.png

共通テーマ:携帯コンテンツ

Ymobile(ワイモバイル)のX1(エックスワン)の評判・価格がこれ!マジ最高だという理由! [X1(AndroidOne)]

遂に登場!Ymobile(ワイモバイル)からAndroidOne(アンドロイドワン)の「X1」!!

しかも評判は最高で最新のスマートフォンがこの価格ってば、絶対に買いだということです!!

おサイフケータイにも対応、お風呂でも使える仕様になっているんですよー!!

color00-16.png

arrow32-001.gifY!mobileの「X1」の一番おトクな詳細はコチラ

私はワイモバイルでおすすめの機種を推薦するなら、このAndroidOne(アンドロイドワン)だと強く推しているのですが、超人気を博した旧作のAndroidOne「507SH」、「S1」や「S2」をさらに上回る機能を搭載しているので、選んでおいて間違いない次第となっています!

お伝えしたいことはたくさんあるのですが、まず「X1」という部分の前に、AndroidOne(アンドロイドワン)という部分をわかりやくす説明していきましょう!

g_01-12.jpg

Android(アンドロイド)というのは誰もがご存知のGoogleが開発したスマートフォンを動かすためのOSのことです。

iPhoneなんかではiOSと呼ばれていて、スマホにはかかせないシステムとなっています。

そのAndroidにOneをプラスしたのが、AndroidOneなのです。

iPhoneって最新の機種を購入しようと思うとめっちゃ高いですよね?Androidも機種によっては高いです。

しかし、「そんな高いスマホは必要ない!」「ブランド名じゃなくもっとコスパの良いスマホを使いたい!」というユーザーは非常に多かったのです。

そこに目をつけたGoogleがAndroidOneを開発したことによって、低価格でしかもハイスペックなスマートフォンが私たちの手に届くなったんですよね!


それがワイモバイルが独占販売しているAndroidOne!!そして今回の最新機種が「X1」ということなのです。

g_04-6.jpg

AndroidOne(アンドロイドワン)の説明をもう少しだけさせていただくと、AndroidOneとはOSなどはGoogleが担当して、その機種の機能や性能などは”その国”のメーカーに依頼して作ってもらうというものです。

”その国”というところがポイントで、iPhoneなどはアメリカに本社があるので、使い勝手や機能などは基本的に外国人受けがいいように作られています。

だから日本人が使った際に、”もうちょっとこの機能あったら便利なのになぁ?”と思うこともしばしばです。

それが、AndroidOne(アンドロイドワン)では”その国”、いわゆる私たちの場合は”日本人に合うように”作られているわけです。

これが私がAndroidOneを推している理由なのですが、その証拠に今回ワイモバイルから販売されている「X1」は日本が誇るSHARP(シャープ)が製造しております!

アンドロイド.jpg

またアンドロイドワンの特徴として、(ここ絶対に抑えておいてください。)
・OSのセキュリティーが常に最新のものにアップデートしてくれる
・余計な機能が入っていなく、初期段階ではほとんどの人が利用する「Google音声検索」や「Googleマップ」、「Youtube」が入っているだけ!

Androidの唯一の欠点といわれてきた、セキュリティ面でも安心になり、初期段階で”いらないアプリ”も入っていないということなんです。

まさに守りを固めて自由にアプリを取れるよう、いわゆる攻めやすくしたのが、アンドロイドワンということです!

arrow32-001.gifY!mobileのAndroidOneが手に入る公式サイトはコチラ

AndroidOne(アンドロイドワン)が”シンプルさ”と”日本人向け”にこだわってくれたおかげで説明が長くなってしまいましたが、ここでやっと本題である「X1」の話に入れます。

はい、「X1」は今回AndroidOneシリーズとして初めてFeliCa(フェリカ)に対応してくれましたー!

g_05-5.jpg

FeliCa(フェリカ)というのはいわゆるおサイフケータイのことで、”非接触ICカード”として駅の改札口や、コンビニなどでかざすだけで利用できるおの電子マネーのことです。

「楽天Edy」「nanaco」「WAON」などのおサイフケータイにも搭載されているのでこれ一つでキャッシュレスを実現できてしまいます。

実はAndroidOneシリーズはこのおサイフケータイに対応していなかったのが唯一の欠点でした。

「507SH」「S1」「S2」といった過去にワイモバイルから販売されていたAndroidOnのおサイフケータイが搭載されていなかったんですよね。

FeliCa(フェリカ)はソニーの開発した技術なので、製造元のSHARP(「507SH」「S1」)や京セラ(「S2」)との間で何か大人の事情があったのかは知りませんが、「X1」では間違いなくFeliCa(フェリカ)が利用可能となっています!

また最近流行りの「AndroidPay」も利用することが可能となっていますよ!

これでいちいち財布をカバンから出さなくてよくなる!!

スクリーンショット 2016-01-09 10.17.37.png


またお風呂でも使える防水機能も搭載というのも見逃せないポイントではないでしょうか!

これはIPX5やIPX8という防水機能を搭載しているからのですが、常温(5℃?35℃)の真水や水道水であれば、バシャーンと水がかかっても、水深1.5mのところにドボーンと使っても問題ないのです。

長風呂するためにお風呂で動画やSNSを見たくてスマートフォンを持って入る場合にはとっても安心ですよね!

ただし、常温以上の温水や石鹸やシャンプーなどの入った水や、海水やプールには対応していなので注意してください。

あくまでもお風呂でスマートフォンを操作する分には問題ないということです。

ふてニャンよろ.png


また特に注目しておきたいのは、CPUはオクタコアという部分です。

CPUというのはスマートフォンの頭脳ともいわれて重要視される部分ですが、この性能が高ければ高いほど機種自体の情報処理能力が高くいわゆるサクサク動くというやつです。

どうして「X1」の評価がそんなに高いのかというと、このCPUの高さにあります。

CPUというのはコア数が多ければ多いほどいいのですが、「X1」のオクタコアは8コアあります。

通常格安スマホと呼ばれるリーズナブルなスマホでは多くが、その半分の4コアであるクアッドコアが一般的となっています。

安かろう悪かろうではないのですが、やっぱり安ければそれなりの理由があるということです。

しかしこの「X1」はオクタコアが搭載されているので賢い端末だということになのです!

ぐー.png

気になるさらなるスペックなのですが、難しい専門用語も入ってしまいますが念のため列挙させていただきます。

こういったスペックが苦手な場合はさらっと読み進めてください。

AndroidOne「X1」スペック


CPU:MSM8940 1.4GHz + 1.1GHz (オクタコア)
カラー:ダークパープル、ホワイト、ミントグリーン
幅×高さ×厚さ:74×152×8.9
重量:約169g
対応周波数:[4G]900MHz・1.5GHz・1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz
[3G] 900MHz・2.1GHz
ディスプレイ:5.3インチ
ROM/RAM:32GB / 3GB
外部メモリ:microSD[トレードマーク]・microSDHC[トレードマーク]・microSDXC[トレードマーク] / 最大256GB
カメラ:[メイン]約1640万画素[サブ]約800万画素
電池容量:3,900mAh・IGZO液晶ディスプレー
連続通話時間:[3G]1500分[LTE]1110分[GSM]1070分
連続待受時間:[3G]885時間[LTE]710時間[AXGP]680時間[GSM]745時間
テザリング:○
VoLTE(HD+) / VoLTE / HD Voice(3G):全て○
プラチナバンド対応:○
Massive MIMO対応:○
指紋認証:○


この中で特に何がすごいのかというと、電池容量3,900mAhとIGZO液晶ディスプレイという部分です。

スマートフォンの中でも3,900mAhは大きめの容量なのですが、それにIGZO液晶ディスプレイという省電力のできるディズプレイを搭載しています。

IGZO液晶ディスプレイというのは、シャープが世界で初めて量産化に成功した革新的な技術が集結したディスプレイです。

この3,900mAh+IGZO液晶ディスプレイのおかげでなんと最大でも4日の電池持ち!!

すごいですよね!

g_06-5.jpg

さすがにバリバリ使って4日は持たないですが、1日そこらで充電はなくなりませんし、毎日充電する必要はありません。

さらにすごいのは充電です。

この「X1」は最近注目されているUSBType-Cを利用できるので、高速充電が可能です。

USBType-Cというのは、急速充電というのが特徴でしかも充電器の差し込み口が左右上下対称となっているので、どの向きでも差し込める充電器のことです。

USB-Type-C.svg.png

地味なポイントですが、このUSBType-Cが今とっても人気でこのUSBType-Cが対応のスマホじゃなきゃいやだという人もいるぐらいです。

急いでる時や充電をし忘れた朝でもすぐに充電できるのは使ってみて気づくうれしいポイントではないでしょうか!

またカメラの画質もメイン約1640万画素、インカメラ約800万画素となっています。

最近は特にインカメラが高画質になっていて傾向になっていてインスタグラムなどで利用するユーザーのニーズに応えているんですよね。


AndroidOne「X1」の総合的な評価をまとめると
・最新のAndroidOneが使える
・自分の使いやすいようにカスタマイズできる
・待望のおサイフケータイも搭載
・スマホに大事なCPUも問題なし!
・水濡れに強くお風呂でも使える!
・充電持ちも充電時間も右に出るものなし!

といったところです。これは買いですよねー!


ワイモバイルでのプラン料金

プランはシンプルに3つ!

スマホプランS
plans.png

スマホプランM
planm.png

スマホプランL
planl.png


Ymobileでは3つのスマホプランが用意されていて、パケットごとにS、M、Lとあります。

最初の1年間はワンキュッパ割が適用されて最安で月額1,980円となります。

ワイモバイルの賞賛すべきところは、すべてのプランに「通話定額」込みになっているところです。

10分以内であれば月何回でも無制限で通話が無料で行うことが可能です。

スクリーンショット 2016-07-15 22.29.21.png

※図では月間300回となっていますが、2017年2月より通話回数無制限になっています!!太っ腹!!

つまり10分以内の通話ならプラン料金に通話料が加算される心配が一切なし!

キャリア(au/ドコモ/ソフトバンク)なら通話定額の基本料が高いし、格安SIMならオプションをつけたりとにかく通話料はややこしい!!

つまり電話のことを心配しないでいいのが、ワイモバイルということになるのです。



AndroidOne「X1」の価格

こちらについてはまだ情報が入っておりませんのでわかり次第アップしたいと思いますー!!


arrow32-001.gif一番おトクなY!mobile公式オンラインストアはコチラ


ba_ymobile02.png


共通テーマ:携帯コンテンツ

人気のHUAWEI novaがYmobile(ワイモバイル)でならこの価格!評判もコスパも予想以上! [HUAWEI nova]

人気のSIMフリー格安スマホのHUAWEI novaがYmobile(ワイモバイル)でこの価格で利用できるなんて目が点なぐらいびっくりです!

g_01-11.jpg

HUAWEI nova liteと並んで2017年注目の端末をYmobileでは安く提供してくれるのです!

というのも、HUAWEI novaを通常購入しようと思うと、税込でも4万オーバーところワイモバイルなら税込25,640円から!


なんと1万5千円も安く購入できるということです!ただしオンラインストアからの購入なので気をつけてくださいね!

arrow32-001.gif一番おトクなY!mobileでのオンラインストアはこちら


どうしてこんなにHUAWEI novaが人気で注目を集めているのかというと理由は次のようになります。

・コンパクトサイズで片手持ちができる!
・カメラの画質も綺麗で自撮りに最適!
・メモリもCPUもばっちりでサクサク動く!
・意外とうれしい充電の差し込み口に上下左右関係なく差し込める!

使い勝手がよくてコスパ最高ならそりゃ人気でるわーーー!!

ぐー.png


またちょっと細かい話になるのですが、HUAWEI novaは5.0インチサイズのコンパクトサイズの格安スマホとしてはデュアルSIMスタンバイ(DSDS)を搭載しています。


デュアルSIMスタンバイ(DSDS)というのは、ドコモやソフトバンク、auで利用してきた人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、とっても便利な機能です。

デュアルSIMとは、わかりやすくいうと同時に2枚のSIMカードを挿せる機能です。

同時に2枚のSIMカードを挿せるということは、例えばワイモバイルのSIMカードと他社のSIMカードを挿せるということです。(もちろんもう一枚もワイモバイルでもOK)

さらにデュアルSIMスタンバイとは、3G通信と4G通信が同時に待ち受けるできる必要があります。
そのこのHUAWEI novaはこのデュアルSIMスタンバイに対応しているということです!

スクリーンショット 2016-01-09 10.17.37.png

例えばこれを利用すれば、ワイモバイルの通話10分無制限と他社のデータ大容量プランを組み合わせればもうこの一台で通信も通話も最強ということになります。

テザリングなども可能なので、スマホ兼モバイルWi-Fiルーター代わりになるということですね。

まさにコスパ最高!!ということなのですが、端末に関してもうちょっと詳しくみていきましょう!


HUAWEI nova

g_02-4.jpg

CPU:Qualcomm Snapdragon 625 オクタコア(8 × 2.0 GHz)
カラー:ミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールド
幅×高さ×厚さ:141.2×69.1×7.1
重量:約約146g
対応バンド:FDD LTE:B1/3/5/7/8/18/19/28, (au VoLTE対応予定※2)
TDD LTE:B38/40
LTE CA DL (国内) : B1+B19/(B1+B18対応予定※2)
WCDMA: B1/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM:WCDMA, GSMの上記周波数
W-CDMA:1/2/5/6/8/19 LTE:1/2/3/5/6/7/8/18/19/28/38/41

OS:Android 6.0 Marshmallow / Emotion UI 4.1
ディスプレイ:約5.0インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS
メモリ:RAM : 3GB
内臓ストレージ:ROM : 32GB
外部メモリ:Micro-SDスロット(最大128GB)
カメラ:メインカメラ:1200万画素、インカメラ:800万画素
電池容量:3,020mAh / 急速充電 (5V / 2A対応)
連続通話時間:ー
連続待受時間:ー
テザリング:○
センサー:加速度, コンパス, ジャイロ, 環境光, 近接, HALL, 指紋センサー
SIMカードスロット:Nano SIM x 2
USB Type C
Wi-Fi:802.11b/g/n準拠 (2.4GHz)
Bluetooth:v4.1 with BLE


となっています。

これが25,000円〜買えるんですからその他の端末と比べても良いんですよね〜。


arrow32-001.gif一番おトクなY!mobileでのHUAWEI novaはこちら

というのも、スマホって特に動作が遅くなるとストレスになるじゃないですか。

このHUAWEI novaならRAMが3GBCPUがオクタコアになっています。

どういうことかというと、RAMというのはパソコンでいうメモリです。

これがスマホで少ないと最初はいいのですが、アプリなどを使っているとしばらくすると、処理が遅いなぁ〜動きにくいな〜と感じるわけです。

しかしHUAWEI novaなら3GBあるので、十分にたっぷり余裕のある容量ということです。

ふてニャンよろ.png


また、CPUというのはスマホの頭脳なのですがこれはコア数が多ければ多いのほど基本的に優秀となります。

HUAWEI novaのオクタコアなら8コアなので、4コアのクアッドコアのスマホよりも単純に2倍優秀ということです。

つまりメモリも十分あって、頭脳も明晰で長く使い続けてもサクサク動き続けてくれる端末というわけです!

またROMといって画像などを保存しておくメモリは32GBとなっていますが、MicroSDにも対応しているので画像や動画の保存も安心です。

カメラもメインカメラ:1200万画素、インカメラ:800万画素となっているので画質は合格ラインでしょう!

g_04-5.jpg

あまりフラッシュが強すぎない場合に役立つローライトや、セルフィーには嬉しいビーティーモード、4K動画もうれしい機能も搭載されています。

そして意外と注目しておきたいポイントは充電に関してです。

バッテリー容量は3,020mAhとなっていて、動画サイトなんかを見ても10時間以上の連続再生も可能という口コミもありますし、1日よく使っても半分以上のバッテリー残量が期待できるのです!電池持ちのよくないスマホではらはらしながら使うのなんていやですもんねー

あと地味に嬉しいのは、充電する際にスマホに差し込む口がUSB Type-Cとなっていることです。

これ急速充電が可能となっています。

USB-Type-C.svg.png

あ、充電し忘れた!っていう朝にでも出かける準備をしている最中に充電完了してくれるのはうれしいポイントですよね!

だいたい10分で充電で7時間も使用できるといわれています。

たった10分で7時間使用可能!

にゃに.png

またUSB Type-Cというのは、差し込み口が上下左右が対象になっているの、充電する際に向きを気にしなくてもいい!

今までの充電器だったら上下に逆さには差し込むことができませんでしたが「USB Type-C 」なら上下左右も気にすることなくどの向きでも差し込み可能になっています。


急いでいる時に充電器がなかなか入らなかったりしたらイライラしますし、無理に突っ込めば故障の原因になります。

こういった心配がないのがUSB Type-Cを採用しているHUAWEI novaということになるのです。

かゆいところに手が届いているなー!!!

g_03-6.jpg

これでコンパクトサイズで片手操作が可能なのでとっても人気のスマホとなっているんです。

そのHUAWEI novaがワイモバイルなら2,5000円から!!

契約内容と、プランによって端末価格が異なるので確認していきましょう!

ワイモバイルでのHUAWEI nova端末価格(一括)

新規契約/au、ドコモ、MVNOからののりかえの場合

容量端末価格プラン料金
スマホプランS1GB⇒2GB30,640円2,138円
スマホプランM3GB⇒6GB25,640円3,218円
スマホプランL7GB⇒14GB25,640円5,378円



ソフトバンクからのりかえ/機種変更の場合


容量端末価格プラン料金
スマホプランS1GB⇒2GB40,640円2,138円
スマホプランM3GB⇒6GB40,640円3,218円
スマホプランL7GB⇒14GB40,640円5,378円



端末は一括で支払うことになるのでこれはスマホプランMかLにしておくのが得策ですよね。

そしてそしてこれだけではありません。

もちろんワイモバイルお得意の1年間1000円を割り引いてくれるワンキュッパ割も適用で、データ容量も契約プランのなんと倍!どんと倍もらえちゃいます!

auやドコモと比較すると料金はとっても安いし、格安SIMにはない10分以内の通話がかけ放題だし
ほんと”ちょうどいい携帯電話会社”に仕上がっています。


ただ注意しておいてほしいのは、契約月を1ヵ月目として、24ヵ月以内(請求月単位)にスマホプランMまたはLを解約、または契約変更した場合には契約解除料金が最大10,000円と、スマホプランの契約解除料金10,260円に追加されてかかってきます。

これは音声SIM + SIMフリー端末セット値引き(スマホプランM/L特典)が適用されているからです。

サブ的に使うのであればあれですが、メインで実際もってみると2年間なんてあっという間ですよね。

g_01-11.jpg

とってもコスパ最高のスマホなので飽きもなく常にサクサク動いてくれて、長い期間パートナーとして歩んでくれるでしょう!

そして最後に肝心の申し込み方法ですが、クレジットカードと身分証明書などの本人確認書類準備してワイモバイルオンラインストアで購入が行えます!

HUAWEI novaのようなハイスペックの格安スマホが欲しかったけど契約先を迷っていた場合はワイモバイルで決まりですよね!


arrow32-001.gif一番おトクなY!mobileでのHUAWEI novaの申し込みはこちら

ba_ymobile02.png

共通テーマ:携帯コンテンツ

評判高しZeFone 3 LaserをYmobile(ワイモバイル)で使うとこの価格はシンプルに良い! [ZeFone 3 Laser]

ZeFone 3 Laserは長らく愛されたZeFone 2 Laserの後継機種です。

人気で評判の高いSIMフリースマホなのですが、ワイモバイルで購入すると格安SIMと一緒に使えてこの価格はシンプルにお得すぎるんです!

g_04-4.jpg

やっぱりワイモバイルは目の付け所が違うなぁと思うのですが、ZeFone 3 Laserはオンラインストアから購入可能となっているんですよね!


arrow32-001.gif一番おトクなY!mobile公式オンラインストアはコチラ

というのも前機種からのグレードアップがものすごいのに価格がめちゃくちゃ安く絶対に選んでおいて間違いない機種となっているからです。

具体的に何がグレードアップしたかというと、
・画質が高画質になった
・CPUが1.5倍以上になった
・RAMとROMが倍増になった

これだけでもワイモバイルのZeFone 3 Laserはどうかなって思っている人には朗報なのですが、驚くのはその価格です。

ZeFoneはシリーズは3万円台で購入できる高コスパとして評判なのですが、実際にZeFone 3 Laserを購入しようと思っても、格安SIMのスマホセットなんかだと最安で2万円台というものがほとんどです。

通常価格は2万7800円なので税込3万円台なのに対してそれがなんとワイモバイルなら15,010円(税込)〜!!

3万円台も切ってなんと2万円台も切って、15,000円台となっています!しかも税込でこの価格!

この5000円〜15000円の差額は非常に大きい!

にゃに.png

ただ、ワイモバイルでのSIMフリースマホ購入はオンラインで一括購入という部分が注意点です。

また購入時にはどの契約方法で契約するのかとどの契約プランで契約するのかで価格が違うので後ほど確認していきましょう!

そしてこれは買いだなぁ〜と思うのですが、サクッとスペックを確認していきましょう!

ZeFone 3 Laser

g_01-10.jpg

CPU:Qualcomm Snapdragon 430 オクタコア/ 1.4GHz
カラー:シルバー/ゴールド
幅×高さ×厚さ:149×76×7.9
重量:約約150g
対応周波数:W-CDMA:1/2/5/6/8/19 LTE:1/2/3/5/6/7/8/18/19/28/38/41
OS:Android 6.0
ディスプレイ:5.5インチ1920×1080(FHD)
メモリ:4GB
内臓ストレージ:32GB
外部メモリ:microSDHC(最大128GB)
カメラ:[メイン]1,300万画素[サブ]800万画素
電池容量:3,000mAh
連続通話時間:約1,438分(LTE)約1,176分(3G)
連続待受時間:約501.6時間(LTE)約528時間(3G)
テザリング:○
センサー:ジャイロセンサー
SIMカードスロット:microSIM×1 nanoSIM×1
Wi-Fi:IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth:4.2

となっています。

arrow32-001.gifZeFone 3 Laserが一番おトクなY!mobile公式オンラインストアはコチラ

これ15,000円〜買えるSIMフリー端末ではかなり抜群の高性能なCPUとなんですよね〜

というのも、この価格ではもっとも高性能なCPUを搭載している機種だからです。

CPUというのはスマートフォンの頭脳ともいわれて重要視される部分ですが、この性能が高ければ高いほど機種自体の情報処理能力が高くいわゆるサクサク動くというやつです。

どうしてZeFone 3 Laserの評価がそんなに高いのかというと、このCPUの高さにあります。


CPUというのはコア数が多ければ多いほどいいのですが、ZeFone 3 Laserのオクタコアは8コアあります。

ZeFone 3 Laserの通常価格である3万円前後のスマホなら通常その半分の4コアであるクアッドコアが一般的です。

旧モデルのZenFone 2 Laserはクワッドコア1.2GHzで、コアが4つあるCPUでした。

ワイモバイルから販売されているAndroidOne,507SHが同じオクタコアで5万円以上もするものもあります。


それがワイモバイルならこのオクタコア(8コア)の賢しこ機種を15,000円台〜で使えるということです!

コスパの良さがわかっていただけますよね!?

ふてニャンよろ.png

またZeFone 3 Laserの特徴としては、RAMは4GB、ROMは32GBを搭載しています。


RAMとはパソコンでいうところのメモリです。

これが少ないと処理が遅くなるのでしばらくの期間使っていくとメモリの関係で「随分と処理が遅いなぁ」と感じてしまいます。

一般的な格安スマホのRAMは2GBですので、ZeFone 3 Laserの4GBは大容量といっても過言ではないといことになります。

つまりかなりサクサク快適に動かないほうがおかしい端末になっているということです!

スクリーンショット 2016-01-09 10.17.37.png


ROMとはデータを保存しておく場所の容量なので、動作にそれほど影響はありませんが、大きければ大きほど保存するものが増えるので便利です。

ZeFone 3 Laserではそこそこの32GBを搭載していてすが、もし万が一保存空き容量が足りない場合はmicroSDに保存することが可能です。

この外部メモリとしてmicroSDに対応していない機種もあるので対応しているのはうれしいポイントです。

また前機種のZeFone 2 Laserではカメラの性能がよくなく弱点といわれてきたのですが、約0,03秒の速さでフォーカスしてくれる部分を向上させていたり、画素的にも[メイン]1,300万画素[サブ]800万画素は合格ラインでしょう!

g_02-3.jpg

あと特筆すべきはなんといっても電池持ちです!

バッテリー容量3,000mAhとなっていて、動画サイトなんかを見ても10時間以上の連続再生も可能という口コミもありますし、1日よく使っても半分以上のバッテリー残量が期待できるのです!

7時間も持たない機種がある中でかなりのタフネスバッテリーで、これはスマホの中でもトップクラスとなっています!

あとはZeFone 3 Laserのデメリットを挙げておきましょう!

ZenFone 3 LaserはデュアルSIMデュアルスタンバイに非対応ということです。

つまり、4G(LTE)と3Gの同時待受はできません。ZeFone3シリーズでこれを期待していた人はおすすめできません。

そんな機能が興味ない、使う予定ないという場合であればここはスルーしてOKです!

またサイズは5.5インチと少し大きめです!片手うちなどには苦労をすると思うので、大きな画面を好む人にはおすすめです。


それ以外の部分では、ZenFone 3 Laserの評判は非常に高くなっているのです!

やっぱりこの価格帯でこのCPUの性能の高さとメモリ4GBのおかげで操作感はサクサクですし、コスパ最高の品質となっているのです!!

そんな絶対に買いな ZeFone 3 Laserをワイモバイルでは15,010円(税込)〜で購入できるんですよねー!!

スクリーンショット 2016-01-09 10.17.37.png

契約内容とプランによっての端末価格を確認していきましょう!

ZeFone 3 Laser端末価格(一括)

新規またはMNP(ドコモ・au・MVNOから)の場合


契約プラン容量端末価格プラン料金
スマホプランS1GB⇒2GB20,010円2,138円
スマホプランM3GB⇒6GB15,010円3,218円
スマホプランL7GB⇒14GB15,010円5,378円




ソフトバンクからのMNPまた機種変更の場合


契約プラン容量端末価格プラン料金
スマホプランS1GB⇒2GB30,009円2,138円
スマホプランM3GB⇒6GB30,009円3,218円
スマホプランL7GB⇒14GB30,009円5,378円



端末は一括で支払うことになるのでこれはスマホプランMかLにしておくのが得策ですよね。

そしてそしてこれだけではありません。

もちろんワイモバイルお得意の1年間1000円を割り引いてくれるワンキュッパ割も適用で、
データ容量も契約プランのなんと倍!どんと倍もらえちゃいます!

auやドコモと比較すると料金はとっても安いし、格安SIMにはない10分以内の通話がかけ放題だし
ほんと”ちょうどいい携帯電話会社”に仕上がっています。

ぐー.png

ただ注意しておいてほしいのは、
・2年間は使い切ること
・故障などの修理はワイモバイルの対応でなくASUS
・ZeFone 3 Laserは電池交換ができないこと
であることを覚えておいてください。

24ヶ月以内の解約などでは、契約解除料金が最大10,000円と、スマホプランの契約解除料金10,260円に追加されてかかってきます。

サブ的に使うのであればあれですが、メインで実際もってみると2年間なんてあっという間ですよね。
かなり良いスマホなので飽きもなく、長い期間パートナーとして歩んでくれるでしょう!

そして最後に肝心の申し込み方法ですが、クレジットカードと身分証明書などの本人確認書類準備してワイモバイルオンラインストアで購入が行えます!

ZeFone 3 Laserのようなハイスペックの格安スマホが欲しかったけど契約先を迷っていた場合はワイモバイルで決まりですよね!


arrow32-001.gif一番おトクなY!mobileでのZeFone 3 Laserの申し込みはこちら

ba_ymobile02.png

共通テーマ:携帯コンテンツ

Ymobile(ワイモバイル)の審査に落ちない方法を徹底伝授! [審査]

ワイモバイルで申し込みを行う際に、気をつけておきたいのは審査についてです。

今まで携帯電話の料金の滞納や携帯ブラックや何らかの理由で、クレジットカードを利用したローンの返済が滞った理由がある場合には気になるポイントだと思います。

せっかくYmobileで契約したのに審査に落ちた!なんていうことにはならないようにしてくださいね!

実はワイモバイルの審査は意外と厳しくないんです!!

にゃに.png

arrow32-001.gif一番おトクなY!mobileの詳細はコチラ

ワイモバイルの審査をついて知る前にまず確認しておきたいのは、キャリア(auやドコモやソフトバンク)での審査の厳しさです。

実はこのキャリアの中でももっとも審査の厳しいといわれているのはソフトバンクです。

auやドコモなどではもちろん、クレジットカードの支払いの滞納や遅れやそのほかローンの支払いの未納などがあった場合にはもちろん審査に通りにくくなってしまいます。

しかしソフトバンクの場合では、そういったクレジットカードの履歴がなくても審査に落ちるといわれてきました。

だからソフトバンクの子会社にあたるワイモバイルも審査が厳しいんじゃないの!?と思われるかもしれません。

実際にはそんなことはありません!!

ぐー.png

だってその理由は簡単で、今格安スマホと呼ばれる携帯電話会社ですっごく流行ってきていますよね?

たくさんの人たちがそういったキャリアからそういった会社にのりかえていってるのが現状です。

そういった状況をソフトバンク側から考えてみて、せっかく申し込んでもらった真っ白な人を審査落ちすることなんてもったいないですよね!?

確かに以前はソフトバンクは審査に通りににくいになんていわれてたみたいですが、それは過去の話です。

またそのほかの理由として、キャリアの審査の厳しさの理由には”スマホ本体代金が高額”ということがあります。

本体代金を一括で購入すれば問題はありませんが、分割にすれば利用料金に上乗せされて料金を支払うことになります。

その合計支払い額が高額になるので、滞納があった過去がある場合にはキャリアでは審査に通りにくくなってしまうということです。

これが契約者一人での複数回線での支払いならさらに審査が厳しくなってしまうというわけです。

でもよく考えてみてください。


ワイモバイルの売りは、料金の安さに加えてある程度ハイスペックのスマートフォンを低価格で利用できるとことです。

そもそも利用料金がキャリアのように高額になることはありませんし、料金が安く設定されているためワイモバイル側にもリスクは少ないというわけです。

ですので、ソフトバンクの審査が厳しかったからワイモバイルも厳しいんじゃないの?というのは全くの誤解ということになります。

解約.png

arrow32-001.gif一番おトクなY!mobileの詳細はコチラ


ただまったく落ちないというわけでないので、しっかりと確認してスムーズにワイモバイルの審査を通るように確認していきましょう!

スクリーンショット 2016-01-09 10.17.37.png

こんな場合は審査落ちに注意!

・過去にキャリアでの度重なる滞納・未払い
携帯電話会社におけるキャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)ではキャリア間同士で信用情報を共有しています。

ソフトバンクの傘下であるワイモバイルにももちろんその情報がいっているので、過去に未払いなどがあった場合には注意が必要です。

・過去にキャリアで端末を転売目的で購入したり、キャッシュバックのみ目的で契約して、早期解約をしたことがある場合
これは「携帯乞食」なんて呼ばれる手法であったりしますが、キャッシュバック目当てでMNPを繰り返してその差額を稼いだり、一括0円の端末を売りさばいて利益を出すことです。

これは特に違法ではありませんが、キャリア間ではこういった不自然な契約と解約を繰り返していた人をブラックリスト化しているといわれています。

・消費者金融からの借り入れの状況が悪いとき

以上がワイモバイルでの審査で気をつけないといけないこととはいえ、
これまで滞りなく支払いをしている場合には特に気にすることはありません。
これは支払い方法が口座振替であっても同様です。

またその他の注意点も確認していおきましょう!

・契約上限回線数
→スマホ・ケータイなど:5回線まで
→PocketWi-Fiなど:5回線まで

また割賦契約やバリューセット・バリューセットライトでの場合は上限2回線までです。
家族で複数回線契約する際には、2回線以上は一括購入するのがおすすめです。

・機種変更時にも審査ある!
これも私は経験していますが、前の端末を3ヶ月以上支払った場合であれば問題なく通ります。
3ヶ月以内に機種機種変更をする場合は少ないと思うのでここは特に気にする必要はありません。

・審査にはかかる時間は1〜3日ぐらい
→オンラインストアの場合で、ショップの場合は混雑にもよりますが数十分


審査ではなく、情報不備で落ちてしまうケースは要注意!

ふてニャンよろ.png

これはうっかりミスのケースですが、次のようなケースも申し込み不可となってしまいます。

・申し込み人名義とクレジットカード名義の不一致
・18歳以下の申し込み
・入力情報や申請情報の不備

ショップで契約するのであればまだしも、オンラインストアでの申し込みであれば特に注意が必要です。

名前や住所、生年月日、性別など普段入力しなれている項目であっても急いで確認を怠ってしまうと、審査の段階で不備となってしまいます。

申し込みの際は落ち着いて丁寧に行うようにしてくださいね!

最後の注意事項!!

img_09.png

ワイモバイルをオンラインストアで他社からMNPのりかえ際には注意が必要です。

これはワイモバイルでは商品が届いた後に利用開始ができるようにしてあるためです。

ワイモバイルは申し込みが完了してから端末を発送してくれるのですが、私たちの手元に届いた時点では契約は完了していません。

特に他社からのMNPのりかえでは、その時点ではMNP切替はされているものの、契約切替手続きは完了していません。

この際に商品を開封してまっていて、審査に落ちてしまった場合には、商品を返却しなくてはいけません。
また商品を返却しなかった場合には商品代金を請求されてしまうこととなります。


まとめ

特にワイモバイルの審査は厳しくありません!!

必要事項の入力であったりルールを守っていれば審査に落ちることはありません!

ただ過去にやんちゃをしてきた場合には審査に通してくれない可能性があるので注意
してくださいね!

arrow32-001.gif一番おトクなY!mobile公式オンラインストアはコチラ


ba_ymobile02.png


共通テーマ:携帯コンテンツ

ワイモバイルからソフトバンクへのMNPのりかえなら違約金・事務手数料無料でしかもさらに安くなる! [YmobileからSoftBankへMNPのりか]

Ymobile(ワイモバイル)からMNPを考えている場合、ソフトバンクへののりかえがとってもお得なんですよ!

スクリーンショット 2017-04-21 11.31.13.png

ワイモバイルからau、ワイモバイルからドコモといった選択肢もあると思いますが、ソフトバンクへならなんと違約金も契約手数料も0円となっています!

MNPのりかえというのは、電話番号を変えずに他社へのりかえられる方法です。

MNPを使ってすんなり乗り換えができればいいのですが、ここには手数料などの出費が発生してきます。

そういった出費をワイモバイルからソフトバンクなら必要なくなるということなのです。
それどころかさらに合計24,000円もお得に利用することができるということになのです。

すごいですよねー!!

スクリーンショット 2016-01-09 10.17.37.png

ただ通話料やメール、SMSやiPhoneではどうなの?ということが気になると思いますので、全て解説していきたいと思います。


ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行(MNP)プログラム!!

fig_main.jpg

ワイモバイルとソフトバンク間ではMNPすることを番号移行と呼んでいます。

実は以前はYmobileからSoftBankへMNPのりかえする際の特典はありませんでした。

2017年4月1日より終了期間は未定で実施されています。

img_09.png

このプログラムの概要としては、ワイモバイルからソフトバンクへMNPのりかえをすると、次のとってもお得な特典があります。
・ワイモバイルでの契約解除料(違約金)無料
・ワイモバイルからのMNP転出料金無料
・ソフトバンクへの新規契約事務手数料無料

これがどれだけすごいことか説明をしますと、例えばワイモバイルから他の携帯電話会社にMNPのりかえをしたとします。

ワイモバイルで契約更新月以外であれば、9500円の契約解除料金がかかります。

のりかえとなると、MNP転出料金が3,000円かかります。

そして他社契約する際に3,000円の契約事務手数料がかかります。

これでなんと合計15,500円!のりかえるだけの諸費用でこれだけかかるということです。


これは別にワイモバイルからののりかえだけではありません。auやドコモでも同じです。

これがなんと全てタダ!無料になるというわけです。


それに加えて、乗り換え先にソフトバンク4Gスマホであれば、月1000円の割引が24ヶ月間で合計24,000円の割引というわけです。

15,500円+24,000円ということは総額39,500円の割引が受けられるということです!約4万円もお得になる!!

これって本当にすごいことですよねー!!

ふてニャンよろ.png


では気になる対象となる場合を確認していきましょう。
対象となる場合といってもほとんどの場合が対象なので安心してくださいね。

ワイモバイルでこんな利用をしていれば対象!
まず第一ポイントとしてワイモバイルでの対象機種です。

PHS…契約日から365日以上経過していること
例えば2015年2月15日にワイモバイルでPHSを契約した場合、2016年2月15日から適用になるので現時点でももちろんOKです。

スマホ/ケータイ…次の3つのいずれかが対象になります。

1、Nexus 5(EM01L)、ARROWS S(EM01F)

4G-Sプランまたは4G-Sベーシックプランで契約していること


2、下記機種(利用プランは関係なし)

STREAM S、STREAM X、Dell Streak[トレードマーク] Pro GS01、GS02、GS03、Sony Ericsson mini S51SE、smart bar S42HW、Pocket WiFi S II S41HW、Pocket WiFi S S31HW、HTC Aria S31HT、Touch Diamond S21HT、Dual Diamond S22HT、EMONSTER S11HT、EMONSTER lite S12HT、H11HW、H12HW、H11LC、H31IA、H11T


3、スマホプラン、ケータイプラン対象機種

スマホプランS/M/L、ケータイプランSSの適用日の1年後の同日からお申し込みできます。

つまり上記のプランで契約している機種であれば、対象ということです。
またSIMカードのみの契約でも適用になりますよ!

契約期間のことをいうと、例えば2016年7月15日にスマホプランS/M/L、ケータイプランSSが適用されている場合、2017年7月15日からキャンペーン対象となります。

ただスマホベーシックプランS/M/L、ケータイベーシックプランSSは対象外となっています。

ここを捕捉しておくと、スマホベーシックプランS/M/LやケータイベーシックプランSSというのは、契約期間の縛りがない代わりに料金が高くなるプランです。

ほとんどの場合は、こちらではなく対象となっているスマホプランS/M/L、ケータイプランSでの契約となっているはずです。

だから安心してくださいね。ただ契約プランが不明でどうしても気になる場合には、MyY!mobileから契約プランを確認することも可能となっていますよ。


上記のどれかにワイモバイルで利用のプランや機種があてはまれば第一段階がクリアです。

解約.png

次にソフトバンクで契約する機種です。
これは特典によって対応の機種が異なります。


特典A:ワイモバイルの契約解除料・MNP転出料:無料、ソフトバンクの新規契約手数料:無料
⇒iPhone、スマートフォン、ケータイ

特典B:通信料金より1,000円×24ヶ月割引(合計24,000円)
⇒iPhone5以降、4Gスマートフォン

ソフトバンクのケータイ(ガラケー)を新たに契約の場合では、特典 Aのみ対象となるので月々の割引は適用になりません。

特典Aと特典Bを両方受けられるのは次のようになります。
⇒iPhone5以降、4Gスマートフォン

4Gスマートというのは、Android端末ということです。

つまりiPhoneやAndroidをソフトバンクで利用すれば両特典との適用になるということです!


適用条件での注意点!

次にこのワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラムのちょっとした注意点を確認しておきましょう。

・ワイモバイルからソフトバンクへMNPであること
・ワイモバイルを解約してしまってダメ!
⇒ワイモバイルへはソフトバンクへMNPする旨をお伝えください。
・法人契約は対象外!

となっているので確認しておいください。
さらに気になるのはソフトバンクからワイモバイルにのりかえた際の変化ですよね?

にゃに.png

メールアドレスやSMSはどうなる?

もちろんYmobileメールはソフトバンクでは利用できません。

ソフトバンクメールでの利用となります。

Ymobileメールで登録していたサービスや、連絡を取っている相手先には変更の旨を伝える必要があります。

SMSは電話番号が変更にならないので、相手には影響はありません。

また通話料はワイモバイルのようにプランにコミコミではなく、通話定額2,700円、通話定額ライト1,700円が選ぶデータ定額サービスに加算される形になります。

ちなみにソフトバンクの基本的な料金形態としては、

①基本料:通話定額2,700円or通話定額ライト1,700円
②ウェブ使用料:300円
③データ定額:1GB: 2,900円 2GB: 3,500円 5GB:5,000円 データ20GB 6,000円 データ定額30GB 8,000円
④機種分割金
この4つの合計からワイモバイルからのりかえ特典(1,000/月)や月月割や、セット割引などが割引されるということです。

ぐー.png

それでは最後に実際のワイモバイルからソフトバンクへのりかえ方法です。
①ソフトバンクショップへ直接来店する
②ソフトバンクオンラインショップで申し込みする

①の場合はお近くにソフトバンクショップを探して、ワイモバイルからMNPしたい旨を伝えればOKです。
手続きの方法なども教えてくれます。

またソフトバンクにはオンラインショップというのもあるのですが、そちらの場合でものりかえが可能です。
いずれにしてもワイモバイルをMNP転出する場合にはMNP予約番号というものが必要となります。

ワイモバイルでのMNP予約番号取得方法
次のいずれかの方法でMNP予約番号を取得することが可能です。

電話から
受付時間9:00?20:00
・ワイモバイルの電話から 116
・他社の携帯/固定電話から 0120-921-156

この際に、「ソフトバンクへのりかえます」というとスムーズに取得することができます。

ワイモバイルショップ
・本人確認書類(免許証/パスポートなど)
・契約中の端末
を持って来店してソフトバンクへのりかえる旨を伝えます。

My Y!mobile

unnamed-12.png

またもっとも簡単な方法はMyYmobileからの取得です。
ログインしてちょっとわかりにくいのですが、「契約内容の確認・変更」から
「携帯電話番号ポータビリティ」を選択することで行えます。

スクリーンショット 2017-04-21 14.17.18.png

このMNP予約番号をソフトバンクに伝える(入力する)ことによって、ワイモバイルとの解約が完了してこのプログラムの特典を受けることができるということです。


ワイモバイルでは使えなかった最新のiPhoneを利用できたりするので、このキャンペーンはうれしいですよね!

共通テーマ:携帯コンテンツ

Ymobile(ワイモバイル)はLINEの年齢認証が可能なのが格安SIMと違うメリット! [LINE年齢認証/ID検索]

Ymobile(ワイモバイル)を利用するメリットのひとつとして、LINEの年齢認証が可能ということです!

YmobileLINE.png

キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)から、格安SIMと呼ばれるMVNOに乗り換えを考えている人にとってネックになっているのは、このLINEの年齢認証ではないでしょうか!

arrow32-001.gifY!mobileいちばんおトクな詳細はコチラ

LINEの年齢認証とは

LINEの年齢認証とは、あらかじめLINEに年齢を確認してもらっておいて使えるサービスを増やすというものです。

設定するにはLINEの設定画面から簡単に行うことが可能となっています。

スクリーンショット 2017-04-18 17.53.31.png

このLINE年齢認証は必ずしなくてはいけないというわけではないのですが、絶対にしておいた方が良い設定となっているんです!

というのもLINE年齢認証をしなければ次ようなデメリットがあるんですよね〜

にゃに.png

LINEの年齢認証ができない場合のデメリット

Ymobile(ワイモバイル)では無条件にLINEの年齢認証ができるのですが、できない格安SIMにとってデメリットがあります。
それはID検索機能ができない!

例えば以下のことはできません。
・自分のLINE IDを友達に検索してもらう
・自分が友達のLINE IDを検索する
・友達にLINE IDで友だち追加してもらう
・自分がLINE IDで友だちを追加する

つまりIDを使って友達とつながることができないということなんですよねー!!

QRコードを使えばクリアはできるのですが、それは面と向かっていればいいですが、目の前にいる友達以外ではそれはできません。

電話番号を知っていてもダメなんですよね…

これってすっごい不便!!

またそれだけでなく、フリーコインでは年齢確認していない状態より、している状態の方が一気にコイン獲得ができる、アプリインストールサービスが利用できることになっています。

年齢認証できた方が優遇されているのは間違いないということです!!

じゃあどうして、多くの格安SIMではLINEの年齢認証ができないのでしょうか?

格安SIMでLINEの年齢認証ができない理由

これはちょっとだけややこしい仕組みになっているのですが、私たちがスマートフォンなどで利用する契約情報は契約している携帯電話会社が管理をしています。

この中には年齢情報も含まれているのですが、LINEとその私たちに契約内容をやりとりできるのが基本的にキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)となっているからです。

というのもいま無数に格安SIM会社が乱立している中で(200社以上)、勝手に私たちの年齢情報なんかがやりとりされてしまった困りますよね?

そういった信頼できるキャリアだからこそLINEでの年齢認証が行えるというわけです。

そこで疑問になるのが、どうしてワイモバイルもLINEの年齢認証ができるのか?ということです。
実はYmobileは格安SIMを提供しているのですが、MVNOという位置付けではないからです。

bnr_compare_215x70.png

MVNOというのは、キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から回線を借りてサービスを提供しています。
自社で回線を保有をしていないんですよね。これがMVNOの位置付けです。

しかしワイモバイルという会社はソフトバンクの傘下でありながら、自社でしっかりと回線を保有していてMVNOという分類にはあてはまりません。

だからキャリアと同じくLINEとの契約情報をやりとりすることができて、年齢認証が行えるというわけです!

ぐー.png

またMVNOでは音声SIMとデータSIMの2種類に分かれていて、さらにデータSIMの中でもSMS付きとSMSなしに分かれていることがほとんどです。

このデータSIMのSMSなしを選んでしまうとLINEは使えないことになっています。

しかしワイモバイルではデータSIMの提供はなく、音声SIMのみ提供となっているのでもれなくLINEが使えてしかも年齢認証ができる!ということになっているのです。

つまり深く考えなくてもいい!!

スクリーンショット 2016-01-09 10.17.37.png

これってややこしさ満載の格安SIM選びにとっては本当にありがたいメリットになっているんですよね!

LINEの年齢認証で迷っている場合はYmobile(ワイモバイル)で間違いないということです!

arrow32-001.gif一番おトクなY!mobile公式オンラインストアはコチラ


ba_ymobile02.png

共通テーマ:携帯コンテンツ

Ymobile(ワイモバイル)の光セット割はソフトバンク光かソフトバンクエアーの利用で安くなる!! [光セット割]

Ymobile(ワイモバイル)とセットで、自宅の固定回線に使えるソフトバンク光やソフトバンクエアーを契約すると、光セット割が適用されてとってもお得になるのです!

hikari1.png

以前は光おトク割となっていたのですが、2017年4月より「光セット割」としてリニューアルしています。

Ymobile(ワイモバイル)を利用しているユーザーであれば、最大1人あたり1,000円/月も安くなり3人なら3,000円、5人なら5,000円も安くなるということです!

とってもおトクですよねー!!
これって今から自宅回線が必要でしかもワイモバイルを利用したかったり、ワイモバイルをすでに利用していて自宅回線探している場合になんかにはぴったりです。

ぐー.png

また対象であればもうすでにソフトバンク光やソフトバンクエアーとワイモバイルを利用していれば、今から「光セット割」を申し込めば安くなるんですよ!


ではYmobile(ワイモバイル)ユーザーにとっては必見の光セット割を詳しく確認していきましょう!


arrow32-001.gifY!mobile光セット割の詳細はこちら

光セット割の適用条件

まず、光セット割はYmobile(ワイモバイル)ユーザーということが条件となっています。

Ymobile(ワイモバイル)ユーザーといっても、ワイモバイルのスマートフォンを持っている場合に限らず、SIMカードでの契約、ポケットWi-Fiでの契約、タブレットでの契約であればOKです!
・スマホプランS/M/L(SIMカードのみも含む)
・データプランL
・PocketWiFiプラン2

が適用のプランとなっています。

lead.png

また、家族の利用の場合でもOKで、10回線までが割引適用の条件となっています!

割引特典を受けるにはワイモバイルを利用しているユーザーが、キャンペーン期間中に「光セット割」に申し込むことが条件となっています。

キャンペーン期間中といっても、現在は終了期日は発表されていないのでワイモバイルが”終わり!”と言った時点での終了となります。

これいつ急に終了になるかはわかりませんので迷っているのでしたら早めの方が良さそうです…
また「光セット割」のお申し込み方法は後ほど詳しくご紹介いたします!

ではでは肝心のセット割ということですから、何とセットで安くなるのかということです。
対象は2つのインターネット回線サービスです。

・ソフトバンク光
・ソフトバンクエアー


SoftBank光を利用の場合



SoftBank光とは月額3,800円から利用することができる光回線のインターネットサービスです。

プラン料金は、おうちの形状によって異なっています。

戸建住宅(ファミリー・ライト以外)…5,200円/月
戸建住宅(ファミリー・ライト)…3,900円〜5,600円/月
集合住宅…3,800円/月

この「光おセット割」の適用を受けるためには次のオプションに加入しておかなくてはいけません。
1、光BBユニットレンタル
2、Wi-Fiマルチパック/Wi-Fi地デジパックのいずれか
3、ホワイト光電話/BBフォン/光電話(N)もしくはBBフォンのいずれか

またタイミングや条件によっては、SoftBank光の開通工事費が無料になっていることもありますので要チェックですよね!

現在フレッツ光を利用している場合はのりかえの工事は不要になっているのも嬉しいポイントです。



SoftBankAirを利用の場合



SoftBankAirとは、自宅に置くだけで高速インターネットが使えるサービスです。
SoftBankAirと光セット割の場合には次の料金となります。(Airターミナル分割払いの場合)
月額利用料金4,880円(3ヶ月目までは4,196円)

こちらは特にオプション加入の条件はありません。

SoftBankAirの詳細・お申し込みはこちら


つまり、SoftBank光orSoftBankAirを契約していてYmobile(ワイモバイル)も利用していれば、Ymobile(ワイモバイル)の利用料金が安くなるということです。


では実際にはどれぐらい安くなるのか確認していきましょう!

光セット割の適用後の割引料金!

割引の料金は、Ymobile(ワイモバイル)で契約しているプランによって異なります。

hikari3.png

スマホプランS⇒毎月500円割引
スマホプランM⇒毎月700円割引
スマホプランL⇒毎月1,000円割引
データプランL/PocketWi-Fiプラン2⇒500円割引
となっています。

これが光セット割引の申込日の翌月から適用ちなり、最大5ヶ月間が割引期間となっています。

つまり一人でも5ヶ月で最大5,000円の割引(スマホプランLの場合)、スマホプランMが4人だったら14,000円の合計割引額となるというわけです!

にゃに.png

それでは実際の「光セット割」の申し込み方法を確認していきましょう!


Ymobile(ワイモバイル)の申し込みがまだの場合

ワイモバイルには全国に1,000店舗以上のショップがありますのでそちらか、公式オンラインストアでスマホ・タブレット・PocketWiFiのお申し込みをしましょう。

ba_ymobile02.png

Ymobile(ワイモバイル)をすでに利用している場合はここは無視していただいて結構です!


SoftBank光もしくはSoftBankAirの申し込みがまだの場合

こちらもワイモバイルのショップが行うことが可能です。
オンラインでの手続きの場合には、それぞれの申し込みサイトがありますので、そこから申し込みが可能です。
SoftBankAirオンライン申し込み

SoftBank光オンライン申し込み


そして最後にいちばん重要な、「光セット割の申し込み」です。

光セット割はワイモバイルショップもしくは、My Y!mobileからの申し込みとなっています。

unnamed-12.png

shop_top_image-3.jpg


Ymobile(ワイモバイル)の申し込みもSoftBank光やSoftBankAirの申し込みもまだな人は、ショップに行くと一括で申し込みが可能となっていますよ!

また既にSoftBank光やSoftBankAirを申し込んでいて、「光セット割」をショップでの申し込みの際には、SoftBank光もしくはSoftBankAirの14桁の申し込み番号が必要になっているのでお忘れなく!


Ymobile(ワイモバイル)の光セット割の注意点!

SoftBankの自宅回線とYmobile(ワイモバイル)の利用でお得になる光セット割引ですが、注意点もあるので確認していきましょう!

次のキャンペーンとは併用できません!
・光セット割申込特典
・光おトク割(以前の割引)
・家族割引サービス
・Wi-Fiセット割
・タブレット割引(スタートキャンペーン向け)


また次の場合には割引の適用が解除されてしまいます!
・対象のYmobile(ワイモバイル)を全て解約した場合
・Ymobile(ワイモバイル)で対象外のプランに変更した場合
・SoftBank光やSoftBankAirの料金を支払っていない場合
・SoftBank光やSoftBankAirの適用条件のオプション変更や契約、人に譲ったりした場合
・SoftBank光やSoftBankAirが180日以内に開通されていない場合


以上のことさえ注意して守れば、最高でも月々1万円も安くなるのは絶対におトクですよね!

5ヶ月間で5万円も安くなるのです!(スマホプランLで10回線の場合)

さすがに10回線も契約しているということはまれかもしれませんが、確実に安くはなるということです!

ワイモバイルと自宅回線の光セット割をぜひ活用してお得に申し込んでみてくださいね!

ba_ymobile02.png


共通テーマ:携帯コンテンツ
前の10件 | -