So-net無料ブログ作成
検索選択

ソフトバンクからワイモバイルへMNPのりかえが簡単に安くなる超具体的な方法を徹底解説! [Ymobile(ワイモバイル)MNP]

SoftbankからYmobileにのりかえてMNPしようとお考えなら、それはとっても賢い選択です!

のりかえの手続きも簡単だし、割引も適用されるんですよね!

とっても気になる、ソフトバンクからワイモバイルにのりかえる際に一番おトクにしかも簡単にMNPする方法と、違約金などのデメリットを気にしなくていい理由を紹介致します!

ぐー.png



ba_ymobile02.png


以前はソフトバンクユーザーはYmobileにのりかえても、割引などの優遇は一切受けられませんでした。

yモバイルはソフトバンクの子会社みたいなもんですから、悪く言うと同じ系列の会社に乗り換えられても、ソフトバンク側したら手間がかかるだけで何のメリットもなかったのです。


でも今ってすごいMVNO(格安SIM)の勢いがすごいじゃないですか?

現在MVNO業社は40数社あるっていわれているんですが、その中から最適な会社を選ぶのは至難の技です。

MVNOだとのりかえの手順もめんどくさそうだし、回線が変わって通信も安定しないって聞くし…

今使ってる場所でスマホでのインターネットが繋がらなかったら嫌じゃないですか?

なんか色々めんどくさそうだからこのままソフトバンクで使い続けようかな…

そう思っている人も多いはず…

bangou.png


でも、やっぱりソフトバンクは高い!


ソフトバンクの料金↓

通話定額を含んだ基本料金で1700円から2700円
ウェブ使用量で300円

データ定額で
1GB:2900円
2GB:3500円
5GB:5000円
20GB:6000円
30GB:8000円

最低でも4900円(通話定額ライト+1GB)
最高で11,000円(通話定額+30GB)のプラン料金がかかります。

これに機種代金の分割支払い額が上乗せされるので月々合計7,000円以上を払い続けている人も多いのではないでしょうか?

ワイモバイルに乗り換えれば安くなる!

だからこそソフトバンクはユーザーにもっと安く利用してもらえる方法はないかって考え抜いたみたいなんです。

それがソフトバンクからYmobileへののりかえ促進です。


Y!mobile公式サイトは⇒コチラ


SoftBankからYmobileへののりかえなら、今までと同じ回線でスマホを使ってインターネットも使えるので、つながらないなんていう心配もありません!


もう承知だと思いますが、ワイモバイルで使えば料金も断然安くなります。

スクリーンショット 2016-05-17 23.54.51.png

プラン料金は一見変わらないようにみえますが、ワイモバイルの方が断然安くなるんですよ!!


ワイモバイルではこのプラン料金の中に、ソフトバンクでいうところの基本料金の通話定額が含まれています。

スクリーンショット 2016-07-15 22.29.21.png

通話は10分以内、月300回以内なら一切料金は加算されず0円です。

私も最初通話時間の10分以内って少し心細かったのですが、実際使ってみると逆に10分を超える電話をする方が珍しいくらいです。

ほんとにたまーにですけど、10分を超えそうなときは一旦電話を切らせてもらってまたかければ済む話です。

今はLINE電話もSkypeもFaceTimeもありますし長時間通話はアプリが主流ですよね。


通話が込みでこの値段ですし、さらになんとワンキュッパ割が適用されるのです!

pricedown_pc_bnr_960_300.jpg


CMでもみかけることが多いこのワンキュッパ割ですが、実はこのたぐいの割引はソフトバンクからのYmobileへののりかえでは適用ではありませんでした。


それが今回からソフトバンクユーザーも割引適用になってるもんだから、ソフトバンクからワイモバイルへのりかえるユーザーが続出というわけです!


料金を比較してみてもYmobileの方が断然お得になっています!

ソフバンワイモバ.png


月額の支払いが3000円以上も安くなるんだったらワイモバイルにのりかえない手はないですよね!

ここで問題になるのが、契約更新月以外の解約金です。
ソフトバンクで契約更新月以外での解約なら違約金が9500円(税抜)かかります。

これが損だと思ってのりかえるタイミングを逃している場合も多いのですが、ご覧のように月々3000円も安くなるのであれば約4ヶ月もあれば元が取れてしまいます。

もっとシビアに計算してもソフトバンクへのMNP転出料金3000円、ワイモバイルの契約事務手数料3000円を足しても約半年間で元が取れる計算になるのです!

つまりいつのりかえても損はしない!!むしろのりかえない方が損をしてる!!

のりかえはこちら⇒Y!mobile公式サイト



さらにさらにソフトバンクからワイモバイルにのりかえるには長期的にみても絶対にお得です。

以前はなかった「長期利用割引」が適応になるのです!

この長期割というのは単純明解でワイモバイルにのりかえて26ヶ月以降は基本使用料がなんと1080円も割引になります!

スクリーンショット 2016-05-08 20.51.40.png


ただでさえ安いのにもっとお安くなるんです!



そして肝心ののりかえ手順ですが…とっても簡単なんですよねー!


ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えることを正式には「番号移行」と言います。

これはわざわざショップに行かなくてもY!mobileオンラインストアから行うことができます。



必ず、オペレーターの方に「番号移行するよ」って伝えてください。
そしてその際に、「auかドコモや格安SIMへののりかえも考えてるけどワイモバイルにのりかえたい」ってことを伝えるとスムーズに番号移行が進みますよ!

1、MNP予約番号を取得する
これはauやドコモからでも同じです。


ソフトバンク携帯電話からなら:スクリーンショット 2016-09-20 17.29.24.png5533
固定電話から:0800-100-5533
受付時間:9:00-20:00


Yahoo!ケータイからなら
【TOP】→【設定・申込(My SoftBank)】→【各種設定手続き】
受付時間:9:00-21:30


ディズニーモバイルなら
ソフトバンク携帯電話からなら:スクリーンショット 2016-09-20 17.29.24.png5533
固定電話から:0800-100-5533
受付時間:9:00-20:00


Disney Webから
【TOP】→【設定・申込】→【各種設定手続き】
受付時間:9:00-21:30


2、のりかえ後の端末を選択


3、申込区分で「のりかえ(MNP)」を選択


4、「ソフトバンク」を選択し、購入手続きに進みます。


選ぶ端末に関してはワイモバイルでは現在、iPhone5s、507SH、DIGNOE、LUMBER、Nexus5X、DIGNOCなどが販売されていますが、SIMカードを購入してソフトバンクで利用している機種をそのままで利用することも可能です。


img_mainv.jpg


その際にはSIMロック解除をソフトバンクでしてもらう必要がありますが、店舗に行って「SIMロック解除してください」といえば購入から180日以上経っていれば無料でおこなってくれます。


fig_unlock.png

SIMロック解除対応機種

iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus
シンプルスマホ3、DIGNO F、Xperia X Performance、AQUOS Xx3、AQUOS Xx2 mini、AQUOS Xx2、Nexus 6P、Xperia Z5、AQUOS CRYSTAL 2、AQUOS Xx、XperiaZ4、Galaxy S6 edge




メリットの多いソフトバンクからYmobileへのりかえですが、デメリットも考えてみました。

考えてみたところデメリットはあまりないのですが、SoftBankのプランにあるような20GBや30GBのような大容量プランはワイモバイルにはありません。

にゃに.png


スマートフォンで大容量の通信をしてテザリングもしてっていう人にはソフトバンクの方が向いていますが、私は3GBプランで十分足りてます。


ワイモバイルでもソフトバンクWi-Fiスポットはもちろん使えますし、Wi-Fi環境をうまく使えば大容量なんて必要ないと私は思っています。


img_sws2-4.gif


最後に注意点ですが、ソフトバンクでの契約の状態によっては契約解除料金がかかります。また、MNP転出手数料といって諸経費もかかります。

契約更新月以外の解約に関しては契約解除料金が9,500円、MNP転出手数料は3000円それぞれかかります。

またもちろん機種を分割で支払っている場合も残りの代金を支払う必要があります。


それでもやっぱりワイモバイルとソフトバンク料金の差額を考えると、のりかえて長期的に利用すれば絶対お得ですよね!

ふてニャンよろ.png


だってエリアはそのままで使いごこちはそのままなのに、料金は優遇されて絶対ソフトバンクで使っていた時よりも安くなるんだったらのりかえない理由がないですよねー!!


お申し込みはコチラ→コチラ


ba_ymobile02.png



共通テーマ:携帯コンテンツ