So-net無料ブログ作成
検索選択

高速で評判最高の603HWがシンプルにすごい!Ymobile(ワイモバイル)でこの価格は人気が出るわけだ! [603HW]

シンプルに「603HW」がすごい!!

color00-11.png

なんと612Mbpsの超高速通信!!

ついにポケットWi-Fiで最高速度500Mbpsを超えてきました。ワイマックスで440Mbpsですから比較してもすごいことになっています!

こりゃ人気が出る訳だということなのですが、これからモバイルWi-Fiルーターを探している人にはかなりおすすめになっています。

arrow32-001.gif一番おトクなY!mobileの詳細はコチラ

前機種の「504HW」と比べて見た目はそこまで変わっていなく、実にシンプルな形になっています。
ぱっと見ではわからないですけど、形状の変化も実はあるんですよね。

504HW603HW.png

軽くなって薄くなった!

前機種の「504HW」
横106×縦64×幅17.9mm
重さ157gだったのに対して

今回の「603HW」
横109.9×縦65.1×幅15.5mm
重さ135g

こういったWi-Fiルーターってカバンやポケットに入れることが多いので、薄くて軽いことに越したことないんですね。

g_04 (1).jpg

デザインもスタイリッシュでテンションが上がりますし、カラーもブラックとホワイトから選べるのはうれしいところです。

操作は2.4インチのタッチパネルで操作ができるので、スマホ感覚で使うことができます。


また起動までの立ち上がり5秒というのは、早くインターネットにつながないといけない場合でもイライラすることがないんじゃないでしょうか!

でね、どうしてこの603HWが大注目で評判の高い機種かというと次の二つを説明せずにはいられません。

image01 (1).png

・キャリアアグリゲーション
・4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)

なんですが!!

このふたつの通信方式は前機種でも対応だったので説明は後ほどさせていただきます。

この二つよりすごいのは256QAM(256カム)という技術です!!

にゃに.png

これはソフトバンクが開発しているネットワークサービスなのですが、さすが大手キャリアは技術確信のスピードが半端ないです。

以前はは64QAM(64カム)だったのですがこの進化が半端ない!

arrow32-001.gif一番おトクなY!mobileの詳細はコチラ


256QAM(256カム)

256カムとはわかりやすくいうと、64QAMに比べてデータ転送量が大幅に増えたということです。

今までのポケットWi-Fiを使って動画や容量の重いサイトを見る時って、時々通信速度が遅くなる時がありました。

それはインターネット通信を行うポケットWi-Fi側のデータ転送量が少なくて、一気に処理するのが難しいからそういうことが起きていたんですよね。

でも今回の603HWからは「64QAM」の6ビットから「256QAM」の8ビットに増えて通信速度が約1.3倍になったんです。

fig_main-2.png


これ例えるなら4tトラックで荷物を運んでいたのを、10tトラックで運ぶ方が荷物を一気に運べるようになることと似ています。

インターネットとはデータ(荷物)の運搬のスピードが上がれば上がるほど快適に見ることができるので、これってすごい理にかなっていますよね!


キャリアアグリゲーションと4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)に関しては、難しいことを考えずにモバイルWi-Fiルーターを使う際に、国内では最高峰の通信技術の組み合わせと覚えておくくぐらいでいいと思います。



実際に細かく説明すると、キャリアアグリゲーションとは、異なる周波数を束ねて通信を行うので、一つの周波数帯が混雑してももつながりやすいですし、遠くに届きやすい特徴があるんですよね、

スクリーンショット 2017-01-27 18.28.22.png

4×4MIMOとは、基地局と端末に4本ずつアンテナを使って通信するので、多車線の高速道路みたいなイメージです。
通常は2×2MIMOだったのですが、倍の効率のよさを発揮できるという訳です。

fig_load.png

ここまで、非の打ち所のない新機種「603HW」ですが、アラを探せば出てきます。

それはバッテリーは短くなった?ということです。

スクリーンショット 2016-01-09 10.17.37.png

前機種「504HW」の3000mAhに比べて「603HW」は2400mAhです。
やっぱり最近のWi-Fiルーターは最高速度が上がるとバッテリー容量は少なくなってしまう傾向になります。

確かに連続通信で6時間でちょっと物足りないかもしれません。
「603HW」はバッテリーの持ち悪いからやめとけよみたいな意見もわからなくもありません。

でもこれは最高速度で通信し続けた場合の話です!

そこまで速い速度がずっと必要なわけはありませんよね。
例えば冬場の寒い部屋の中を暖めようと思った時に、エアコンやガスファンヒーターの動力を一番使うのは最初ですよね。

その時に一気に暖めてしまうのですが、ずーっとその動力を使うわけでありません。

それはポケットWi-Fiでも同じで、「603HW」の場合は省電力モードを使えば最大8.5時間の連続通信が行えるわけですから、用途によって使い分ければいいわけです。

img_09.png

省電力モードだと、消費電力の大きいTD-LTEの通信をオフにしてくれるのでバッテリーが長持ちするわけです。

つまりバッテリーが持たなくなる状態というのは、高速通信でずーっと何時間も動画を見続けた場合ぐらいということになります。


どう考えても612Mbpsはすごい!!

やっぱり何度考えてみてもこの速度は驚愕なんですよね。

速くなったと絶賛されていたiPhone7よりも2倍以上の速度を出す計算になっています。

あくまでももちろん最高の条件が揃った際に612Mbpsを発揮することになっていますが、光回線並の速さを外出先でも体感できるということは何よりうれしいポイントです。

arrow32-001.gif一番おトクなY!mobileの詳細はコチラ

気になる料金プランはこうなる!!

プランに関してはワイモバイルのPocketWi-Fiプラン2が適用になります。
プランに関してはしっかりと確認しておきましょう!

まず基本料金が
月々7GBまで3,696円/月

スクリーンショット 2017-01-28 10.14.58.png

ほとんどの場合7GBまでの利用では足りないと思うので、月々の利用を無制限にできるアドバンスオプションをつけることをおすすめします。

アドバンスオプションをつけるとアドバンスモードといって、月々のデータ容量を気にする事なく利用できます。



高速通信を無制限!!このためにはアドバンスオプション必要です。

img01 (1).gif

アドバンスオプション:684円/月

基本料金:3,696円/月
アドバンスオプション:684円/月
合計4380円


これで最高機種の603HWの月間無制限プランの出来上がりです!!
光回線並みに使えて、固定回線と比較してもこの料金はコスパ的に文句はないでしょう!!

ただ、これをもっと安くする方法もあるんです!!

ヤング割.png

PocketWi-Fi学割(2017春Ver.)

このPocketWi-Fi学割を利用することで、アドバンスオプションが無料になります。

対象が25歳以下となっているのですが、これは契約者の年齢ではございません。

契約者は何歳でもOK!
利用者が25歳以下であればこのPocketWi-Fi学割適用!

例えば、25歳以下のお子さんや弟さん妹さんがいるご家庭なら、
契約者:お父さん(お兄ちゃん)
利用者:25歳以下のお子さん(弟さんor妹さん)
でOKでなります.。25歳以下であれば0歳〜OKで契約者と同性で同住所なら適用になることもうれしいポイントです。

これを使えば
3,696円/月で603HWを月間無制限プランで利用することが可能となるわけです!!

arrow32-001.gif一番おトクなY!mobileの詳細はコチラ

ちなみに申し込みはこういった裏技的な申し込み方でも、すんなり行えるのがオンラインストアです。
契約者のクレジットカード、契約者の本人確認書類、利用者の本人確認書類があればOKです。

店舗でなら、契約者と利用者が揃って来店、利用者がいなくても休日や混雑期なら待ち時間ありなのですが、オンラインストアならそれがなしです。

送料無料、最短即日発送、24時間申し込みOKも何気にうれしいポイントです。

もはや店舗いるのか!?って感じです。

ぐー.png

スマホと違って手に取ってみるというよりはこういった、どうして高速なのか!?というのをしっかりと理解してどれぐらい料金がかかるのか!?を確認することが大切なんですよね。


契約期間は3年となっていてそれがネックという声もありますが、良い端末を選べば向こう3年間は端末選びに困らなくていいということです。

こんな風にこれ以上何を求めるの?っていうぐらい数少ない端末に仕上げられるってとてつもないことですよね。

2017年ここまで来たかワイモバイルッ!!

人気すぎて在庫がなくなっている可能性もあるので注意が必要です。

いっぱい作れっ!!

arrow32-001.gif一番おトクなY!mobile公式オンラインストアはコチラ


ba_ymobile02.png

共通テーマ:携帯コンテンツ