So-net無料ブログ作成
検索選択

Ymobile(ワイモバイル)のX1(エックスワン)の評判・価格がこれ!マジ最高だという理由! [X1(AndroidOne)]

遂に登場!Ymobile(ワイモバイル)からAndroidOne(アンドロイドワン)の「X1」!!

しかも評判は最高で最新のスマートフォンがこの価格ってば、絶対に買いだということです!!

おサイフケータイにも対応、お風呂でも使える仕様になっているんですよー!!

color00-16.png

arrow32-001.gifY!mobileの「X1」の一番おトクな詳細はコチラ

私はワイモバイルでおすすめの機種を推薦するなら、このAndroidOne(アンドロイドワン)だと強く推しているのですが、超人気を博した旧作のAndroidOne「507SH」、「S1」や「S2」をさらに上回る機能を搭載しているので、選んでおいて間違いない次第となっています!

お伝えしたいことはたくさんあるのですが、まず「X1」という部分の前に、AndroidOne(アンドロイドワン)という部分をわかりやくす説明していきましょう!

g_01-12.jpg

Android(アンドロイド)というのは誰もがご存知のGoogleが開発したスマートフォンを動かすためのOSのことです。

iPhoneなんかではiOSと呼ばれていて、スマホにはかかせないシステムとなっています。

そのAndroidにOneをプラスしたのが、AndroidOneなのです。

iPhoneって最新の機種を購入しようと思うとめっちゃ高いですよね?Androidも機種によっては高いです。

しかし、「そんな高いスマホは必要ない!」「ブランド名じゃなくもっとコスパの良いスマホを使いたい!」というユーザーは非常に多かったのです。

そこに目をつけたGoogleがAndroidOneを開発したことによって、低価格でしかもハイスペックなスマートフォンが私たちの手に届くなったんですよね!


それがワイモバイルが独占販売しているAndroidOne!!そして今回の最新機種が「X1」ということなのです。

g_04-6.jpg

AndroidOne(アンドロイドワン)の説明をもう少しだけさせていただくと、AndroidOneとはOSなどはGoogleが担当して、その機種の機能や性能などは”その国”のメーカーに依頼して作ってもらうというものです。

”その国”というところがポイントで、iPhoneなどはアメリカに本社があるので、使い勝手や機能などは基本的に外国人受けがいいように作られています。

だから日本人が使った際に、”もうちょっとこの機能あったら便利なのになぁ?”と思うこともしばしばです。

それが、AndroidOne(アンドロイドワン)では”その国”、いわゆる私たちの場合は”日本人に合うように”作られているわけです。

これが私がAndroidOneを推している理由なのですが、その証拠に今回ワイモバイルから販売されている「X1」は日本が誇るSHARP(シャープ)が製造しております!

アンドロイド.jpg

またアンドロイドワンの特徴として、(ここ絶対に抑えておいてください。)
・OSのセキュリティーが常に最新のものにアップデートしてくれる
・余計な機能が入っていなく、初期段階ではほとんどの人が利用する「Google音声検索」や「Googleマップ」、「Youtube」が入っているだけ!

Androidの唯一の欠点といわれてきた、セキュリティ面でも安心になり、初期段階で”いらないアプリ”も入っていないということなんです。

まさに守りを固めて自由にアプリを取れるよう、いわゆる攻めやすくしたのが、アンドロイドワンということです!

arrow32-001.gifY!mobileのAndroidOneが手に入る公式サイトはコチラ

AndroidOne(アンドロイドワン)が”シンプルさ”と”日本人向け”にこだわってくれたおかげで説明が長くなってしまいましたが、ここでやっと本題である「X1」の話に入れます。

はい、「X1」は今回AndroidOneシリーズとして初めてFeliCa(フェリカ)に対応してくれましたー!

g_05-5.jpg

FeliCa(フェリカ)というのはいわゆるおサイフケータイのことで、”非接触ICカード”として駅の改札口や、コンビニなどでかざすだけで利用できるおの電子マネーのことです。

「楽天Edy」「nanaco」「WAON」などのおサイフケータイにも搭載されているのでこれ一つでキャッシュレスを実現できてしまいます。

実はAndroidOneシリーズはこのおサイフケータイに対応していなかったのが唯一の欠点でした。

「507SH」「S1」「S2」といった過去にワイモバイルから販売されていたAndroidOnのおサイフケータイが搭載されていなかったんですよね。

FeliCa(フェリカ)はソニーの開発した技術なので、製造元のSHARP(「507SH」「S1」)や京セラ(「S2」)との間で何か大人の事情があったのかは知りませんが、「X1」では間違いなくFeliCa(フェリカ)が利用可能となっています!

また最近流行りの「AndroidPay」も利用することが可能となっていますよ!

これでいちいち財布をカバンから出さなくてよくなる!!

スクリーンショット 2016-01-09 10.17.37.png


またお風呂でも使える防水機能も搭載というのも見逃せないポイントではないでしょうか!

これはIPX5やIPX8という防水機能を搭載しているからのですが、常温(5℃?35℃)の真水や水道水であれば、バシャーンと水がかかっても、水深1.5mのところにドボーンと使っても問題ないのです。

長風呂するためにお風呂で動画やSNSを見たくてスマートフォンを持って入る場合にはとっても安心ですよね!

ただし、常温以上の温水や石鹸やシャンプーなどの入った水や、海水やプールには対応していなので注意してください。

あくまでもお風呂でスマートフォンを操作する分には問題ないということです。

ふてニャンよろ.png


また特に注目しておきたいのは、CPUはオクタコアという部分です。

CPUというのはスマートフォンの頭脳ともいわれて重要視される部分ですが、この性能が高ければ高いほど機種自体の情報処理能力が高くいわゆるサクサク動くというやつです。

どうして「X1」の評価がそんなに高いのかというと、このCPUの高さにあります。

CPUというのはコア数が多ければ多いほどいいのですが、「X1」のオクタコアは8コアあります。

通常格安スマホと呼ばれるリーズナブルなスマホでは多くが、その半分の4コアであるクアッドコアが一般的となっています。

安かろう悪かろうではないのですが、やっぱり安ければそれなりの理由があるということです。

しかしこの「X1」はオクタコアが搭載されているので賢い端末だということになのです!

ぐー.png

気になるさらなるスペックなのですが、難しい専門用語も入ってしまいますが念のため列挙させていただきます。

こういったスペックが苦手な場合はさらっと読み進めてください。

AndroidOne「X1」スペック


CPU:MSM8940 1.4GHz + 1.1GHz (オクタコア)
カラー:ダークパープル、ホワイト、ミントグリーン
幅×高さ×厚さ:74×152×8.9
重量:約169g
対応周波数:[4G]900MHz・1.5GHz・1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz
[3G] 900MHz・2.1GHz
ディスプレイ:5.3インチ
ROM/RAM:32GB / 3GB
外部メモリ:microSD[トレードマーク]・microSDHC[トレードマーク]・microSDXC[トレードマーク] / 最大256GB
カメラ:[メイン]約1640万画素[サブ]約800万画素
電池容量:3,900mAh・IGZO液晶ディスプレー
連続通話時間:[3G]1500分[LTE]1110分[GSM]1070分
連続待受時間:[3G]885時間[LTE]710時間[AXGP]680時間[GSM]745時間
テザリング:○
VoLTE(HD+) / VoLTE / HD Voice(3G):全て○
プラチナバンド対応:○
Massive MIMO対応:○
指紋認証:○


この中で特に何がすごいのかというと、電池容量3,900mAhとIGZO液晶ディスプレイという部分です。

スマートフォンの中でも3,900mAhは大きめの容量なのですが、それにIGZO液晶ディスプレイという省電力のできるディズプレイを搭載しています。

IGZO液晶ディスプレイというのは、シャープが世界で初めて量産化に成功した革新的な技術が集結したディスプレイです。

この3,900mAh+IGZO液晶ディスプレイのおかげでなんと最大でも4日の電池持ち!!

すごいですよね!

g_06-5.jpg

さすがにバリバリ使って4日は持たないですが、1日そこらで充電はなくなりませんし、毎日充電する必要はありません。

さらにすごいのは充電です。

この「X1」は最近注目されているUSBType-Cを利用できるので、高速充電が可能です。

USBType-Cというのは、急速充電というのが特徴でしかも充電器の差し込み口が左右上下対称となっているので、どの向きでも差し込める充電器のことです。

USB-Type-C.svg.png

地味なポイントですが、このUSBType-Cが今とっても人気でこのUSBType-Cが対応のスマホじゃなきゃいやだという人もいるぐらいです。

急いでる時や充電をし忘れた朝でもすぐに充電できるのは使ってみて気づくうれしいポイントではないでしょうか!

またカメラの画質もメイン約1640万画素、インカメラ約800万画素となっています。

最近は特にインカメラが高画質になっていて傾向になっていてインスタグラムなどで利用するユーザーのニーズに応えているんですよね。


AndroidOne「X1」の総合的な評価をまとめると
・最新のAndroidOneが使える
・自分の使いやすいようにカスタマイズできる
・待望のおサイフケータイも搭載
・スマホに大事なCPUも問題なし!
・水濡れに強くお風呂でも使える!
・充電持ちも充電時間も右に出るものなし!

といったところです。これは買いですよねー!


ワイモバイルでのプラン料金

プランはシンプルに3つ!

スマホプランS
plans.png

スマホプランM
planm.png

スマホプランL
planl.png


Ymobileでは3つのスマホプランが用意されていて、パケットごとにS、M、Lとあります。

最初の1年間はワンキュッパ割が適用されて最安で月額1,980円となります。

ワイモバイルの賞賛すべきところは、すべてのプランに「通話定額」込みになっているところです。

10分以内であれば月何回でも無制限で通話が無料で行うことが可能です。

スクリーンショット 2016-07-15 22.29.21.png

※図では月間300回となっていますが、2017年2月より通話回数無制限になっています!!太っ腹!!

つまり10分以内の通話ならプラン料金に通話料が加算される心配が一切なし!

キャリア(au/ドコモ/ソフトバンク)なら通話定額の基本料が高いし、格安SIMならオプションをつけたりとにかく通話料はややこしい!!

つまり電話のことを心配しないでいいのが、ワイモバイルということになるのです。



AndroidOne「X1」の価格

こちらについてはまだ情報が入っておりませんのでわかり次第アップしたいと思いますー!!


arrow32-001.gif一番おトクなY!mobile公式オンラインストアはコチラ


ba_ymobile02.png


共通テーマ:携帯コンテンツ